印鑑と上手に付き合うために知っておきたいこと


印鑑を購入した後は印鑑と長年付き合っていくことになりますが、長く付き合っていくためにはコツがあります。購入の際にはどんな扱い方をするといいのかについてまで知っておくとより長持ちさせることができるので、ここでは長く付き合うためのコツについて紹介します。

まず普段の掃除や手入れは重要です。印材はそれぞれ異なりますが、基本的にどの印材でも印面はキレイに保つことが重要です。朱肉を付ける部分になるので汚れやすいですが、使用後はしっかりと拭き取るなど手入れをすれば簡単に劣化することはありません。また、長年の使用で印面に汚れやゴミが付着している場合には柔らかいブラシなどを使用すると簡単に綺麗にできます。普段の手入れは忘れないようにしましょう。

また保管方法も重要です。保管方法はいくつか存在しますが、その中でも基本的なことで重要なのがケースにしまうことです。裸の状態で保管するとひび割れなどの原因に繋がる可能性もあるので、必ずケースにしまっておくことが大切です。

このように、長く付き合っていくためには手入れや保管が重要です。しっかりと守れば長年使用することができるので、特にこれから購入を考えている人は事前に見ておくといいでしょう。