印鑑を通販で購入する前に知りたい種類のこと


印鑑は近年通販で買う人も増えていますが、そもそも印鑑はどのような場面で使うものか知っているでしょうか。実際にこれから本格的に印鑑を作ろうと思っている人の中には一種類だけでいいのではないの?と思っている人もいるでしょう。しかし、実際に印鑑を使用する場面はいくつかあり、場面に応じて捺印する印鑑も異なります。まずはどの場面でどの印鑑が必要になるのか知っておくと購入の際に失敗はしないので具体的にどんな印鑑があるのかについて紹介します。

まず印鑑の種類は大きく分けると3つあります。それぞれ用途や役割が異なるので、場面に応じて使う印鑑は違ってきます。では、具体的にどんな印鑑があるのかについてですが、役所に届出を出して登録をする印鑑が実印です。これは最も重要な役割を持つ印鑑とされており、法的効力も持ちます。

続いて銀行印と呼ばれる印鑑ですが、これは実印のように役所に届出を出すものではなく、銀行で登録をする印鑑です。金融機関で口座を作りたい場合などに必要になります。最後に認印ですが、これは登録や届出は必要ありません。日常的に使う印鑑で例えば宅配の荷物の受取りなどそれほど重要としない場面で使用される印鑑です。

このように、印鑑は使用する場面に応じて選ばなければならないので、最低でも3つの種類は持っておきたいです。これから購入を考えている方もいますが、まずはどんな種類が必要なのかを頭の中に入れておくといいでしょう。