印鑑と上手に付き合うために知っておきたいこと

印鑑を購入した後は印鑑と長年付き合っていくことになりますが、長く付き合っていくためにはコツがあります。購入の際にはどんな扱い方をするといいのかについてまで知っておくとより長持ちさせることができるので、ここでは長く付き合うためのコツについて紹介します。

まず普段の掃除や手入れは重要です。印材はそれぞれ異なりますが、基本的にどの印材でも印面はキレイに保つことが重要です。朱肉を付ける部分になるので汚れやすいですが、使用後はしっかりと拭き取るなど手入れをすれば簡単に劣化することはありません。また、長年の使用で印面に汚れやゴミが付着している場合には柔らかいブラシなどを使用すると簡単に綺麗にできます。普段の手入れは忘れないようにしましょう。

また保管方法も重要です。保管方法はいくつか存在しますが、その中でも基本的なことで重要なのがケースにしまうことです。裸の状態で保管するとひび割れなどの原因に繋がる可能性もあるので、必ずケースにしまっておくことが大切です。

このように、長く付き合っていくためには手入れや保管が重要です。しっかりと守れば長年使用することができるので、特にこれから購入を考えている人は事前に見ておくといいでしょう。

通販サイトを利用する際に気を付けたいこと

印鑑を購入する時には人それぞれ購入場所は異なりますが、その中でも通販を選ぶ人は多いのではないでしょうか。実際に通販でも実印や銀行印、認印に適した印鑑を購入することが可能です。しかし、購入する時にはそれだけをチェックして買ってしまうと損をする可能性もあります。通販で購入する時はいくつか気を付けたいこともあるので、失敗しないためにも気を付けたいことについて話します。

通販で購入する時は保証の有無について確認をしましょう。印鑑と言っても安価なものから高級な素材まで様々ですが、例えばそれなりのお金を支払って購入して万が一問題があった場合、保証がないと対応してもらえない可能性もあります。後悔をすることになるので、まずは購入を決める前に保証の有無の確認をすることが大切です。

その他にも気を付けたいことは品質のチェックです。同じ素材でも品質は異なります。あまり品質の良くない素材を使用していると長持ちさせることができません。得に実印や銀行印は登録が必要なもので長く使えないと意味がありません。長く使うためには品質が重要ですので、簡単に壊れないしっかりとした素材を取り扱っているかもチェックして購入を決めるといいでしょう。

参照サイト…印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®【公式サイト】

印鑑を通販で購入する前に知りたい種類のこと

印鑑は近年通販で買う人も増えていますが、そもそも印鑑はどのような場面で使うものか知っているでしょうか。実際にこれから本格的に印鑑を作ろうと思っている人の中には一種類だけでいいのではないの?と思っている人もいるでしょう。しかし、実際に印鑑を使用する場面はいくつかあり、場面に応じて捺印する印鑑も異なります。まずはどの場面でどの印鑑が必要になるのか知っておくと購入の際に失敗はしないので具体的にどんな印鑑があるのかについて紹介します。

まず印鑑の種類は大きく分けると3つあります。それぞれ用途や役割が異なるので、場面に応じて使う印鑑は違ってきます。では、具体的にどんな印鑑があるのかについてですが、役所に届出を出して登録をする印鑑が実印です。これは最も重要な役割を持つ印鑑とされており、法的効力も持ちます。

続いて銀行印と呼ばれる印鑑ですが、これは実印のように役所に届出を出すものではなく、銀行で登録をする印鑑です。金融機関で口座を作りたい場合などに必要になります。最後に認印ですが、これは登録や届出は必要ありません。日常的に使う印鑑で例えば宅配の荷物の受取りなどそれほど重要としない場面で使用される印鑑です。

このように、印鑑は使用する場面に応じて選ばなければならないので、最低でも3つの種類は持っておきたいです。これから購入を考えている方もいますが、まずはどんな種類が必要なのかを頭の中に入れておくといいでしょう。